セルビアは豊富な有機化合物を資源として大量に産出

セルビアとは、ヨーロッパの東南、バルカン半島内の中央より少し西寄りに存在する共和制の国家です。

首都はベオグラードで、国土面積は88362キロ平方メートルで世界第108位の規模で、人口は9856222人で世界的には第85位という規模になります。

公用語は、セルビア語で流通している通貨は、セルビア・ディナールです。

この国は、旧ユーゴスラヴィアでは事実の盟主として存在していました。

現在の首都ベオグラードは、まさにユーゴスラヴィアの中心だったのです。

この国の国民の内、83%がセルビア人になり、それ以外にの民族だと、ハンガリーに多く存在するマジャル人が4%で、祖先がイスラム教徒に改宗したことで、有名なボシュニク人が、2%となり残りの11%それ以外の民族が混在している状態です。

このうちの大多数がセルビア正教の信徒であるが、それ以外でもクロアチア人やマジャル人などは、カトリックの信徒であったり、アルバニア人やボシュニク人はイスラム教徒であったりします。

印象が強いため、旧ユーゴスラヴィアの盟主という部分が注目されがちですが、この国では豊富な有機鉱物を資源として大量に産出しており、その中の褐炭等は品質は世界的にみて最低にもかかわらず、燃料としては非常に重宝するため、その産出量は世界規模では第10位の量をほこる。

旧ユーゴスラヴィアの時の状態が続いているのか、一応の公用語は決まっていますが、場所によってはクロアチア語が使用されたり、ボスニア語がしようされたりと言語環境も複雑になっています。

ただ言語として区別されてはいますがこれらの言葉の違いは、日本で言うところの方言レベルの差異しかないようです。

この国は、立憲制を軸としており、共和制で合議し政治的には議院内閣制でなりたっています。

国家の代表である元首は国民による直接選挙で選出された大統領が務め、5年の任期が定められています。

またこの国の大統領は軍部の最高司令官も歴任している上、議会の解散権・法案可決後にも再審議可能な権利を有しています。

この再審議は、日本と同じで再審議で議会で承認された場合は、そのまま可決されるようになっています。

政治を実際に運営するのは首相と内閣になり、司法の最高金は憲法裁場所と呼ばれています。

近年、この国の西南方向に存在するコソボとは、独立運動の関係で深く対立をしています。

この国ではコソボの独立を認めていませんが、コソボ内部では流通通貨をユーロにしてしまうなど独立の流れを作っており緊張状態が続いています。